Q&A:主な『あるある質問』をまとめていきます。

.『キャラクターデザイン』と『イラストデザイン』の違いって何ですか?

✑ キャラクターデザインとは・・・。

基本的な性質としては『固有名詞を持ち、存在感のある著作物』(キャラクター)のデザイン制作となります。
キャラクターの活躍によって様々な付加価値要素が生じ、『展開や販促方法によっては計り知れない利益を生む可能性』を秘めております。
判りやすく芸能界で例えるならば『新人タレント発掘』が『キャラクターデザイン』に相当する様なものであります。したがって、キャラクターデザインの著作物は『世に出してから育てていく事でその可能性を広げる事が可能』です。例えを芸能界としましたが、キャラクターにもその『各自の役割』があり、グループの様にまとまってから魅力が勝り、力が発揮される場合もございます。


✑ イラストデザインとは・・・。

いわゆる『汎用性の高いモブ類』や『カットイラスト等』が主にと示しております。
基本的には固有名詞は持たず、ビジネスにおいてのイラスト使用は敷居を下げてくれる効果もございます。
(例えば広告マンガや挿絵イラストもその延長になります。)
また一見キャラクター程の存在感や影響力は持たないものの、そのイラストや展開によってはキャラクターになる場合もございます。
当サイトキャラもその展開を示す目的もあり、特徴少ないキャラをあえて多めにしております。
イラストは生き物に限らず幅広いジャンルを指しますので、『とても世の中の需要が高い無くてはならない著作物』となります。


.作画は手描きですか?また手描き(1枚絵)注文は可能ですか?

作画は手描きですか?

PCとペンタブレットを使用した『デジタル作画』になります。ご依頼の使用媒体によって『ベクタ形式 と『ラスタ形式(ビットマップ画像)』のいずれかの適当である形式を選択して作画することになります。

主な使用ソフトは①『Adobe Illustrator CC』(ドローソフト)と②『CLIP STUDIO PAINT EX』(ペイントソフト)になります。
(当方は①②の両方の利点を用いて作画する事もございます。)

①は主にはロゴ等の図形向き(イラストも勿論可能ですが、作風は②に比べ限定的となります。)
ベクタ形式でのファイル出力(ai)が必要な場合は完成形を①で制作する事になります。ペンタブレットでの手描きも機能として可能ですが、基本がベジェ曲線 を使った修正を重ねた作画となるので、個人的には『手描き感覚とは違う作画方法となります。』
各媒体でとても需要がある優れたソフトです。

②は主にイラストやマンガ制作向き(Adobe社ではPhotshopが相当しますが、マンガ制作予定もあるので②を主として使用しております。)
こちらは、ペンタブレットを使用すれば『ほぼ手描き感覚に近い作画方法となります。』また手描き風の描写も勿論表現可能な優れたソフトとなります。

いずれにしても、レイヤーを重ねての作画になるのでその利点も多くございますが、普通の手描き感覚とは事が違い作業工程もレイヤー毎に作成いたします。
完成は1枚の絵でも何枚何十枚も重ねて完成されますので、一定の知識や技術面が必要となります。


手描き(1枚絵)の注文は可能ですか?

原則的にはお断りをしております。それは『手描き1枚絵』を提供する事は使用できる範囲やサイズも限定的になってしまうからで、また統一的な価値感覚も変わってきてしまいます。ですが、手描き同様の表現は可能です。

デジタル絵は手描き1枚絵とは違い、データがあれば汎用性が高い著作物です。もちろん手描き1枚絵もデジタル化は可能ですが、元々デジタルの作画と比べると修正が必要な時は場合によって描き直しレベルにもなります。
※ただしキャラクターやイラストではなく、デザイン的部類(例えばチョークアート等)に関するものはご依頼内容によって可能な場合もございます。


.はじめての依頼で判らない事や色々と不安もある・・・。

その点については、お気軽にご遠慮なくご相談ください。
信頼関係をとても大事にしておりますので、ご不安のある中で制作開始もございません。まずはご相談からでお願いいたします。
『ご依頼を受けたお仕事について』ですが、『制作完了時にはご希望に添えている様に、ご満足していただける様にと相手の気持ちとなって制作』しております。


.制作途中のキャンセルって可能ですか?

大変申し訳ございませんが、その場合は一方的なご都合となってしまいますので『制作途中の著作物』をご確認いただき、
『キャンセル時までの制作対価を算出してご請求』させていただきます。
また仮にご希望あればとはなりますが、その時点(制作途中)のものを当方不完全燃焼ながらご希望のファイル形式(注:制作データではございません。)をご入金確認後にお渡しして完了とさせていただきます。


トラブルになる事の無い様に『信頼関係を築きながら制作』に入ります。
現状そういった事はございませんが、これからも無い様に尽力いたします。

 

.有名キャラクターを描いて欲しいです♪(※二次創作)

技術的には大抵が描くことは可能です。ただ著作者に承諾されていなければ『著作権侵害にあたる行為に相当』いたします。したがって、申し訳ございませんが『制作する事は出来ません』
実際そういったご相談をされる方は意外に多いですが、著作者承認である場合を除き『事実として全てお断りしております』

コラボや特別の事情がなければ『有名キャラ』でそうそうない事ではありますが『著作権保有者様』や『版権イラストのライセンシー様』と確認できる場合は、全く問題ない事で大変光栄ですのでご相談をお待ち申し上げております。
※二次創作であっても『オリジナル』であれば例えお子さんの絵でも著作物ですので、それはOKです。


.著作権(財産権)譲渡をお願いいたします。

原則的にお断りさせていただいております。
※ご希望あれば料金別途とはなりますが、ご相談ください。内容によっては譲渡も検討いたします。

著作権(財産権)を安易に譲渡していないという事は、逆に考えれば『著作物に責任を持つ』という事でもあり直接依頼では実績にも直結する為、間違っても手を抜く何てことはございません。
クオリティもその時点での制作技術の出来る限りを尽くすという事になります。


.制作料金の算出ってどう決めてるの?

キャラクターデザインやイラストデザイン制作費は、あって無いようなものです。それはテイストやジャンルが幅広い事でもあり、案件内容や制作サイズ毎によっても工程は異なり、定まった料金設定が難しい事でもあります。

また制作過程のご理解が、ある意味特殊な部類である為、一般的に周知されていない現実でもあります。

日本イラストレーター協会の見解であると、次の範囲が一つの目安となります。

「例えばパンフレットなどで10センチメートル角に納まるくらいの小カットとして使用する場合、モノクロイラストで1点あたり3000円~5000円、カラーなら5000円~1万円というところが相場」

※引用元 日本イラストレーター協会様

この価格は“10センチメートル角に納まるくらい”(ピクセルの場合283.465px角)がポイントで、一見キャラクターデザインも『イラスト』という事だけで比較的に軽視される点もございますが、サイズや工程・案件によりとても時間のかかる大変な作業環境にもなります。
ピクセルサイズで考えた場合、あくまで単純に上記例から約2835px角サイズ(100cm角)にした場合は上記価格の10倍程度が相場となり、モノクロイラストで1点あたり30000円~50000円、カラーなら50000円~10万円です。テイストにもよりますが、デジタルでも10cmのサイズと100mのサイズでは細かい描き込み量が大きく変わりますので”サイズ”はとても重要となります。”サイズ”は使うサイズではなく“本絵サイズ”となります。

よく誤解認識がある事ですが仮に『10cmサイズの内容でハイクオリティ』は間違った見解です。
※ここでのハイクオリティは描画内容が濃い意味として表現しております。


《 サイズで誤解認識の場合の一例 》

Q・クライアントサイド
『10cm角でハイクオリティのものが良い。(サイズからすると”安価”になるはず)』

A・制作サイド(ATERU BASE)
『例え10cm角が必要でもハイクオリティをお求めの場合、”適切サイズ”で描画して縮小する事になります。』
『サイズでのお見積もりご希望の場合は描画時”適切サイズ”が制作料金に相当するものとお考え下さい。』

【理由(制作サイズは一例)】
1)10cmサイズ ⇒劣化なし拡大✕(制作サイズで描き込み量が限定され、高クオリティは難しい(細部描画不可))
2)100cmサイズ⇒劣化なし縮小〇(制作サイズで描き込み量は多くでき、高クオリティも可能)
※納品データは制作サイズデータ(最大)と縮小サイズデータ(ご希望サイズ)となります。


例えば、某イラスト制作会社の表記では、ディフォルメ¥40,000~・アニメ塗り¥50,000~・ブラシ塗り¥60,000~・厚塗り¥80,000~と内容により幅広いですがクオリティ的には妥当価格です。小カットサイズで描画できる簡易的なものほど、リーズナブルが可能です。

つまり制作者側も料金設定によからぬ苦悩を抱く訳です。仮に著作権を譲渡しない前提であれば、少しでも”妥当”と言える料金設定が可能となります。
『イラストレーターとしての著作権の本来の在り方 を広める為にも、技術者として妥当な料金を考慮した上で設定いたします。

※ご参考までに(料金はモザイク処理をしております)
pdf→©2018 ATERU BASE見積書sample

キャラデザ&イラスト制作の料金については、幾多のイラストレーターの皆さんの料金設定ももちろんご参考にさせていただいており設定しております。

ATERU BASEでは、制作時間や環境を考慮して従来レベルで『妥当』と呼べる料金設定にしております。


案件毎に内容も異なりますので、まずはご不明点あればお気軽にご相談ください。

※制作額の内訳内容は『技術職』である為、基本一般的な技術職に習って設定いたします。

 

お問い合わせ

sponsored link

ご依頼についてに戻る